こんにちは!静岡県沼津市に拠点を置き、お客さま一人一人に丁寧でスピーディーな施工をご提供している株式会社征龍です。
弊社は、沼津市・三島市などのエリアを対象とした枠組足場・仮設足場の施工を請け負っております。
「足場工事には一体どんな歴史があるんだろう?」
このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、足場工事に関する歴史についてお話しいたしましょう。

足場工事はいつから始まったのか

足場工事の起源は奈良時代といわれており、奈良時代の遺構からさまざまな種類の足場の痕跡が発見されています。
そのことから、高い部分に上って作業を行う必要性がある建物の建設が、奈良時代より始まったことがわかるでしょう。
鎌倉時代からは、木材を用いて現代に近い足場が組まれるようになっていたことがわかり、今もなお大きな変化はなく受け継がれています。
また江戸時代には、大きな改修工事が行われるようになっていたこともわかっています。

現代の足場工事

海外では1900年ごろから、木製ではなく鋼製の足場が多く使用されるようになってきました。
ですが日本では長きにわたって、丸太足場が主流となっていました。
しかし1954年より単管足場が施工現場で用いられてからは、鋼製の足場が使用されるようになってきました。
足場は、常に新しい技術を取り入れながら進化を続けているのです。

征龍へご相談ください!

株式会社征龍では「安心第一」「信用第一」をモットーに、細かな部分にも手を抜かない、高品質なサービスのご提供を行っております。
先行足場・移動式足場・単管足場など、多くの足場工事に対応しております。
弊社は、お客さまが作業しやすく、安全な足場を組むことを使命とし、平成3年の創立より成長し続けてまいりました。
今後もお客さまの要望に柔軟にお応えして、より丁寧な施工をご提供し続けてまいりますので、足場工事のご依頼やお問い合わせは株式会社征龍までご相談ください。

【求人】征龍では新規スタッフを募集中!

株式会社征龍では、足場工事職人として、弊社で活躍してくださる方の求人募集を行っております。
スタッフの皆さまが働きやすい環境づくりを心がけ、各種手当や福利厚生を充実させております。
また年2回の賞与も設けており、やりがいをしっかりと感じていただける環境です。
足場工事のスタッフとして活躍したい方は、株式会社征龍までぜひご連絡ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


静岡県のダクト工事、空港設備は沼津市の征龍

〒410-0036 静岡県沼津市平町18-20
TEL・FAX:055-943-6064
【セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等】
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする